ミトコンドリアを活性化させる6つの方法

 

ミトコンドリア

ずばり!

老けない体を作るためには、

身体の細胞を活性化させる必要があります。

 

その細胞を活性化させるには、

「ミトコンドリア」を活性化させる

ことが必要です!

ミトコンドリア
ミトコンドリア

ミトコンドリアというのは、細胞の中にある小器官です。

人間の身体には60兆個の細胞があるといわれていますが、

その細胞ひとつの中に、ミトコンドリアは平均2000個いるといわれています。

 

では、ミトコンドリアは何をしているのかというと、

身体のエネルギーを作るために働いていたり、細胞の代謝を指揮しています。

 

だから、このミトコンドリアが衰えてくると、

新陳代謝がうまくいかなくなり、古い傷ついた細胞が、どんどん残ってしまい

それが病気の原因とも言われています。

ミトコンドリアを活性化させる方法

ミトコンドリアを活性化させると、

老化のスピードを遅らせたり、病気などにも効果があるといわれています。

 

その具体的な方法としては、

以下の6つがあげられます。

 

① 適度な運動をする

1日2時間、有酸素運動を1週間続けると、

30%のミトコンドリアの量が増えると言われています。

効果的なのは、「インターバル速歩」。

インターバル速歩は、3分間普通に歩いて、3分間早歩きという方法です。

これだけで、ミトコンドリアが増えると言われています。

 

② 朝陽の光を浴びる

目が覚めたら、5分でもいいので、外に出て朝陽を浴びると良いでしょう。

外に出ることが難しい人は、カーテンを開け、部屋の中からでも浴びるといいですね。

 

③ 姿勢をよくする

ミトコンドリアは、姿勢を保つ筋肉に多く含まれています。

その筋肉に力が入っている状態を保つだけで、自然とミトコンドリアが増えるそうです。

また、太ももにも、ミトコンドリアは多く含まれていますので、

階段を使ったり、スクワットをしたりするものいいですね。

 

④ 深呼吸する

ミトコンドリアの栄養源は、「酸素」と「ブドウ糖」。

ミトコンドリアは酸素がないと生きていけないのです。

ゆっくりとした深呼吸で、たっぷりの「酸素」を体内に取り入れましょう。

 

⑤ 空腹の時間を長くする

ミトコンドリアは、「食べない」ことで増えると言われています。

空腹状態になると、体内のエネルギーが不足しているとミトコンドリアが認識し、

エネルギー源となるミトコンドリアを生成するのです。

ただし、食べなければ食べないほど、ミトコンドリアが増えるわけでもないので

極端にやるのは良くないようです。

 

⑥ ラジウム温泉に入る

身体が温まると、ミトコンドリアの生産性がアップし、免疫力もあがります。

さらに「ラジウム温泉」に入ると、「微量放射線」を浴びることができます。

 

日本の代表的なラジウム温泉には玉川温泉(秋田)、三朝温泉(鳥取)、

増富温泉(山梨)、奈女沢温泉(群馬)、湯の島温泉(岐阜)、栃尾又温泉(新潟)、

関金温泉(鳥取)、栗本温泉(岐阜)などがあります。

 

 

ミトコンドリアの好物は「酸素」「光」「微量放射線」と言われています。

ということは、「深呼吸」「朝陽を浴びる」「ラジウム温泉に入る」ということが

ミトコンドリア活性には、効果的なので、ぜひやってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミトコンドリアを活性化させることが、

老化を防ぎ、健康的な体を作ってくれます。

ぜひ、ミトコンドリアが活性化させる方法をやってみてくださいね♪

 

 

【無料E-BOOK プレゼント!】究極の健康美人計画

美しい肌になるために必要なのは、

「身体の内側からキレイになること」。

そして、「健康」になってはじめて
美しい肌を手に入れることができるのです。

「究極の健康美人計画」では、
身体の中からキレイになる40項目のメソッドが書かれています。

このE-BOOKで、あなたが「健康美人」になれるお手伝いができますように♡